冷蔵庫 郵送

 

突然ですが、「冷蔵庫の郵送料金が安いのはどこ?出来るだけ安く送りたいんだけど・・・」と困っていませんか?
  • 実際のところどの業者が一番安いの?

  • ヤマト運輸や佐川急便などの宅配業者の宅配料金は?

  • 日本郵便の郵送料金は?

  • 赤帽の郵送料金は?

  • 引越し業者の引越し料金は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!


実際のところどの業者が一番安いの?



冷蔵庫を郵送してくれる業者はいくつかありますが、どの業者が一番安いとは一概に言えません。その理由は、冷蔵庫のサイズや郵送距離はその人それぞれに異なり、各業者の料金設定にも差があるためです。

だからこそ大事なのは「自分にとって最安な業者を探す」ということです。そのためには事前に念入りなリサーチをし、自分の状況に合った業者を選定しましょう。

早速、各業者の金額が明確にわかるように「300L前後の中型冷蔵庫」について郵送料金を調べていきます。サイズの目安は幅56cm奥行65cm高さ173cm程度(3辺の合計300cm以下)、重さは60kg、郵送距離は都内から都内の近距離30km以下とします。これを目安にして各社を比較していきます。

ヤマトや佐川急便などの宅配業者の宅配料金は?


ヤマトホームコンビニエンス

佐川急便

らくらく家財宅配便

大型家具・家電設置輸送サービス

飛脚ラージサイズ宅配便

10,746円(税込)

8,787円(税込)

5,886円  ※都内~都内

・3辺(幅・高さ・奥行)の合計が ・法人企業専用のサービス ・3辺(幅・高さ・奥行)の合計が
 450㎝以下、重さが100㎏以下対象  個人は利用不可  260㎝以下、重さが50㎏以下対象
     

 冷蔵庫の梱包~設置までの作業含む

 【利用可能】 法人・企業から個人  輸送のみ
 廃材の回収もしてもらえる  【利用不可】 個人から個人  (設置などはしてもらえない。)
 

設置依頼する場合、別途4,860円必要


 
     

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便は3辺の合計が450cm以下、100kg以下であれば郵送可能です。佐川急便と比べると多少料金が高くなりますが、この料金には「梱包、搬出、輸送、搬入、開梱設置」までの作業が含まれているので、高い分だけ安心して作業を任せることができます。

さらに嬉しいのは、搬入後は荷物をすぐに使えるように設置してもらえ、廃材も回収してくれる点です。多少の料金を支払っても便利で楽に郵送したい方にはらくらく家財宅急便がお勧めです。

ヤマトホームコンビニエンス・らくらく家財宅急便

佐川急便の大型家具・家電設置輸送サービス

佐川急便にも大型家具家電の輸送サービスがありますが、法人企業専用のサービスなので個人は利用できません。企業から個人に冷蔵庫を送ることはできますが、個人から個人への郵送は依頼できないのでその点を覚えておきましょう。また、上記の料金には設置費用が含まれていません。設置を依頼する場合は別途4,860円(税込)がかかります。


佐川急便の大型家具・家電設置輸送サービス

佐川急便には飛脚ラージサイズ宅配便のサービスもあります。3辺の合計が260cm以下、50kg以下の冷蔵庫であれば都内から都内まで5,886円で送ることができるので冷蔵庫の大きさによってはこちらを検討してみましょう。郵送のみのサービスなので設置などはしてもらえませんが、小型冷蔵庫であれば自分で設置できますので利用する価値はあります。

飛脚ラージサイズ宅配便

日本郵便の郵送料金は?


日本郵政

・ダンボールに入る荷物
・3辺(幅・高さ・奥行)の合計が170cm以下、重さが30kg以下が対象
 旅館にあるような直冷式の1ドア冷蔵庫のみと考えて下さい。

日本郵便で郵送できる荷物の大きさはダンボールに入る荷物で3辺の合計が170cm以下、重さが30kg以下と定められているので、中型冷蔵庫を送ることいはできません。100L前後の1人用冷蔵庫でも重さが30kg以上ありますので送るのは不可能です。

日本郵便で送れる冷蔵庫は旅館にあるような直冷式の1ドア冷蔵庫のみと考えてください。それ以外の冷蔵庫の郵送は依頼できないと認識しておきましょう。

日本郵便ホームーページ

赤帽の郵送料金は?


赤帽

(料金)荷物の大きさと距離によって異なる

・追加料金が発生する
 作業者1名を追加を依頼した場合 : 5,000円以上
 移動の階段の上げ下げが必要な場合 : 1フロアにつき500円

赤帽の郵送料金は冷蔵庫の大きさと距離によって異なります。
  • 10km以内の距離に高さ1.8mの冷蔵庫を郵送する:8,000円(税別)
  • 30km以内の距離に高さ1.8mの冷蔵庫を郵送する:11,000円(税別)

赤帽の料金設定は距離と大きさによって変わるようになっています。中型冷蔵庫は180cm以下なので上記の料金が目安になります。但し、冷蔵庫の移動に階段の上げ下げが必要な場合は、1フロアにつきプラス500円がかかります。

また、赤帽は作業員1名で冷蔵庫を郵送するので、依頼者が搬出と搬入を手伝うのが基本です。もう1名作業員を依頼するとプラス5000円以上かかり、距離によって作業員のプラス料金も上がる仕組みとなっているので注意してください。

赤帽・越運送店

引越し業者の引越し料金は?



引越し業者の料金は値引き交渉によって決まります。引越し料金は宅配料金と違い金額設定がなされておらず、引越時期や移動距離などによって料金をその都度決めています。そのため、依頼者が如何に値引き交渉をして安い料金を引き出せるかどうか?がカギとなるのです。

いくつかの引越し業者の料金を調べてみると、近距離(30km以下)中型冷蔵庫を郵送した場合の料金相場は12,000円~15,000円程度のようです。宅配業者や赤帽より多少割高ですが、引越し業者は基本的に2名以上で作業をしてくれるので、搬入や搬出を安心して任せられますし、通路の養生や冷蔵庫の梱包もプロの業で対応してくれます。

また、冷蔵庫を故障させないように配慮して作業をしてくれますので、安心して任せられる業者に依頼したい方は引越し業者を選ぶと良いでしょう。

結論!最安で満足できる冷蔵庫の郵送方法は人によって異なる


各業者を調べた結果は以下の通りとなります。
  • 日本郵便と佐川急便では中型冷蔵庫の郵送は不可能(個人の場合)
  • 宅配業者に依頼するなら搬出から設置まで対応できるヤマトホームコンビニエンスが安心
  • 10km前後の超近距離なら赤帽が最安だが、搬出と搬入を手伝う必要がある
  • 全てを安心して任せたいなら引越し業者に値引き交渉をして最安価格を引き出すのがベスト

いかがでしょうか?冷蔵庫を郵送できる業者はいくつもありますが、それぞれにメリットデメリットがあるので、利用する人のニーズによってベストな業者が異なることがよくわかります。

「自分はこんな方法で冷蔵庫を送りたい!」「ここまでなら譲歩できる!」「何より安心が一番!」
冷蔵庫の郵送を依頼する際にはこれらのことをよく考え、自分にとって最適で最安な業者を選んでみましょう。